ペンタガーデン使い方 | 株式会社コスモトレードアンドサービス

ペンタガーデンの使い方

btn_kokei.jpgbtn_ekitai.jpg
 
固形肥料 ペンタガーデンPROタブレット 使用方法

garden_use0.jpg● ペンタガーデンPROタブレット(有機入り化成)を元肥として使用する場合は、植物を植える土に適量を混ぜてご使用下さい。

● 鉢(プランター)植えには用土1リットル当たりペンタガーデンPROタブレットを3~4g(※)、菜園や花壇には1㎡(1m×1m)当たり90~100gを目安に、お客様の栽培環境に合わせてご使用下さい。
(※) ティースプーン1杯は約8g、山盛り1杯は約15g

● ペンタガーデンPROタブレット(有機入り化成)を追肥として使用する場合は、元肥の場合の3分の1から2分の1の量を生育に合わせ、1~2ヵ月の間隔でご使用下さい。

● 生長期の追肥としてペンタガーデンシリーズ(液肥)を併せてお使い頂くことをおすすめします。

● アルカリ性の石灰との同時使用は避けてください。効果が低下します。

施肥例

PRO1.jpg

プランター内の土に苗よりひとまわり大きい穴を掘り、穴の底にペンタガーデンPROタブレットを混ぜた土を入れます。

pellet2.jpg
その上に土をかけます。

pellet3.jpg

苗を入れます。

pellet4.jpg

苗の高さまで土をかけます。

pellet7.jpg
追肥は、生育に応じて1~2カ月の間隔で施します。また、追肥は株間やプランターの端の方に施す事をおすすします。
なるべく肥料が直接根に触れないようにしてください。

使用上の留意点

●なるべく肥料が直接根に触れないようにしてください。
●ALAの効果により花や葉の色調が変化する場合があります(生育には問題ありません)。
●使用後は密封チャックを締め、直射日光や高温や高質を避けて保管して下さい。
●本商品は有機入りであるために、稀にコバエ等の昆虫、カビ類、不快臭等が発生する場合がありますので、室内でご使用になる際にはご留意下さい。
●本商品には動物由来たん白質が入っていますから、家畜等の口に入らないところで保管・使用して下さい。

 
液体肥料 ペンタガーデン「PROシリーズ」・「100倍希釈液体肥料シリーズ」 使用方法

garden_use2.jpg原液1000倍希釈用
● ペンタガーデンPRO/ペンタガーデンPRO-1400

水で1000倍に薄めてご使用ください。ペンタガーデンPRO-1400は同梱しているワンプッシュボトル(1ミリリットル)を使うと、1押し分で水1リットルの割合となります。

garden_use1.jpg原液100倍希釈用
● ペンタガーデン花・野菜の液体肥料/ペンタガーデンバラの液体肥料/
  ペンタガーデン室内・観葉植物の液体肥料

水で100倍に薄めてご使用ください。水1リットルに対し10ml(キャップかるく2杯)の割合です。

value_iilust2.jpg

  • ペンタガーデン100倍希釈液体肥料シリーズおよびペンタガーデンPROシリーズは葉面散布、株元への施用のいずれの方法でもお使い頂けます。
  • おおむね1週間に1~2回の間隔でご使用ください。
  • ALAは葉緑素の体内原料で光合成能力の向上による生長促進効果が特徴ですので、お花、野菜、庭木、果樹など葉っぱが緑色の植物に広くお使い頂けます。

散布例

value_use_photo1.jpg

双葉が出たら間引きます。

value_use_photo2.jpg

種まきから約10日後、本葉が2、3枚になったら、ALA入り液肥をあげる1回目のタイミングです。1日のうちで光合成が盛んになる前、つまり朝方にあげるのがベストです。
この段階では肥料を一番吸収しやすい根元にあげる事をおすすめします。

value_use_photo3.jpg

本葉が数枚になったら、まき溝の場所に1株になるように育てます。 
ボトルに書いてある通り、2回目以降は1週間に1~2回の間隔でALA入り肥料をあげます。

使用上の留意点

●植物の活動が活発な午前中の時間帯にお使い頂くのがおすすめです。
●葉面散布される場合は、花びらへは極力掛けないようにご留意ください。
 本製品に限らず、一般的に花びらは水や肥料が直接掛かることを嫌うためです。
●株元に施用される場合は、水さしやじょうろなどを使い、水やりの要領で与えると簡単でおすすめです。
●pH=8以上のアルカリ性になる希釈水との混合は避けてください。ALAは、アルカリ性溶液ではALAの効果が低下します。
 もし展着剤と混合される場合は、展着剤の商品ラベルをご覧になり、アルカリ性でないことをご確認のうえ併用ください。
(一般的な展着剤はアルカリ性ではないので、さほど心配されることはないようです。)
●ALAは生長促進の方向に作用しますので、根が切り取られている「切り花の延命」にはペンタガーデン液肥シリーズは不向きです。
 鉢物の植物など、根が付いた状態の植物にお使いください。
●ラン、サボテン、山野草など、一般的に肥料に弱いとされる植物では、通常よりも薄めの希釈倍率で2週間に1回の間隔でご使用ください。

お問い合わせ先

ALAアグリビジネスプロジェクト

 ・メールによるお問い合わせ>>お問い合わせフォーム

 ・お電話によるお問い合わせ>>事業所所在地
  本社 9:00~17:30 営業所 8:30~17:00(土・日・祭日・年末年始を除く)