分析機器(メイテック社製) | 株式会社コスモトレードアンドサービス

分析機器(メイテック社製)

このページ内でご紹介する分析機器の詳細は以下のURLよりご確認下さい。

株式会社メイテック: LinkIconhttp://www.meitech.co.jp/

自動蒸留分析計 

型式:ADM-1E型

JISK2254「石油製品-蒸留試験方法」の常圧蒸留法の試験操作を自動化した装置です。

永年の経験と創意により、痒いところにも手が届く工夫がこらされており、石油精製各社、自動車メーカー、科学品メーカー、官公庁などで数多く採用され、高い評価を受けております。

特長

  • 多彩な表示と 48プログラム
  • 100%補正機能
  • 確度の高い作図
  • 気圧補正
  • 保護機能

メイテック社製分析機

仕様

測定範囲
0~300℃及び0~400℃
0.1℃単位
留出速度
4.5±0.5ml/min(標準) 9.0±1.0ml/min(選択)
データ出力
プリンターで進行状況のグラフ表示及び終了後の報告書
RS232Cでプロッター及びコンピューターへ出力可能
乾点検出
目視検出(スイッチ操作)又は自動検出。
凝縮管温度
0~60℃間の指定温度に自動制御
受器室温度
15~40℃間の指定温度に自動制御
電源容量
100V/20V(15A+5A)
寸法
W460×D530×H590(mm)
重量
約65kg

原油塩分計


仕様

電極電圧
0~300V可変(標準125V)
測定電流
0~1mA、
0~10mAの2レンジ
電源容量
100V/1A

原油塩分計※クリックして画像を拡大

自動マイクロ秱度計


仕様

長さ系
ダイヤルゲージ
ストローク
0~20mm
最小目盛
0.01mm
時間計
5秒間電子タイマー
円錐
1/4スケール(合成樹脂製)
混和器
1/4スケール(真鍮製)
電源
100V/1A

自動マイクロ秱度計※クリックして画像を拡大

和球自動軟化点試験器 型式:ADM-1E型


型式:ASP-MG型シリーズ
JISK2207「石油アスファルト」軟化点試験法(環球式)の試験操作を自動化した装置です。 ASP-MG型シリーズはJIS K 2207の規格による試験方法を基本にしていますが、アスファルト以外にも各種合成樹脂、ワックス、接着剤(ホットメルト)、食品添加物などに広く利用されています。

特長

  • 安定な昇温速度
  • 昇温速度可変
  • 確実な軟化点検出
  • 豊富な機種


和球自動軟化点試験器

仕様

測定範囲
0~80℃(JIS B 7410規格のSP33相当)
0~200℃(JIS B7410規格のSP34相当)
加熱浴
水、グリコール類又はシリコン油
昇温速度
1~6℃/min ±0.5℃
軟化点検出
光電式(検出ゾーンワイド方式)
攪拌方法
磁石式可変速攪拌(MGH型はプロペラ)
データ出力
プリンター及びコンピューターへの出力
電源容量
100V/15A
寸法
W450×D370×H37(mm)
重量
約15kg

お問い合わせ先

販売部 本社

 ・メールによるお問い合わせ>>お問い合わせフォーム

 ・お電話によるお問い合わせ>>事業所所在地
  本社 9:00~17:30 営業所 8:30~17:00(土・日・祭日・年末年始を除く)